会社の定款

定款とは、会社の組織、運営方法など会社の基本的なルールを定めた物です。
よく「会社の憲法」とも呼ばれることがあります。
会社を設立する際に必要となります。
設立する法人の種類により、定款の必要事項が異なります。
 
 
定款には、会社の商号事業の目的資本金など、会社の基本的な項目がまとめられています。
会社は定款に記載されていること以外の活動を行うことはできません
 
定款を作成するには、発起人が草案を作成し、それを公証人役場で認証を受けることが必要です。
公証人の認証を受けて、初めて定款はその効力をもちます。
 
会社設立時に作られた定款を「原始定款」と呼び、会社設立の登記をする際に必要となります。

定款を変更するには

会社設立後に定款の内容を変更する場合は、株主総会や社員総会などでその内容を決議すればよく、改めて公証人役場の認証を受ける必要はありません
 
 

定款に記載する事項

定款に記載しなくてはいけない事項は、「会社法」で定められています。
記載する事項は
「絶対的記載事項」
「相対的記載事項」
「任意的記載事項」

の3つに分類されます。
 
絶対的記載事項
絶対的記載事項とは定款に必ず記載しておかなくてはいけない事項です。
この定めがないと定款自体が無効になってしまいます。
 
相対的記載事項
定款に記載しなくても定款自体の効力に影響はありませんが、記載をしないとその効力が発生しない事項のことです。
 
任意的記載事項
記載しなくても定款が無効になり効力を否定されるものではありませんが、あえて定款に記載することで会社の決め事としての効力を明確にできる事項のことをいいます。
 
定款は会社設立のうえでもっとも大切な部分ですので、その作成に当たっては慎重に進めていくことが必要です。



toiawase0001.png

事務所についてはこちら

HOME

事務所紹介

スタッフ紹介

無料相談

お問い合わせ


Copyright (C) 2012 吉田聡 司法書士・行政書士事務所 All Rights Reserved.